ホーム 労福協のご紹介 活動内容 構成組織・役員 活動計画 ボランティアクラブ ハピマリ
全国の労福協活動 社会保障制度の概要 財形活用給付金 地方労福協のページ はなしょうぶ お問い合わせ まっちゃんブログ

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

昨日は黄色、今日はピンクで・・・

 鬱陶しさを晴らしたいために、明るい色の花を紹介しています。今日はピンク色の花、サフラン擬き(カタリナ)です。

Photo_2  写真中央の花びらの黒い点は“ありさん”です。では、なぜこの花が「擬き」なのか?それは江戸時代終わりころ渡来して、サフランに似ていることから間違えてサフランと呼ばれていましたが、明治に入り、サフラン擬きと呼ばれるようになりました。ゼフィランサス属に属しており、その多くは、雨が降ると球根が潤って花を咲かせることから、レインリリーとも呼ばれています。

 午前中は三福連OB会幹事会、夕刻、松阪多気地区の総会には理事長がご挨拶に伺います。週末と月末、また来週、来月もよろしく!

2017年6月29日 (木)

黄色で明るく!

 昨日紹介したノウゼンカズラのオレンジ色、そして今日は黄色で明るくいきたいです。

Dscn2038  オレンジ色や黄色は元気を与えてくれる色、この花が朝の元気を与えてくれました。実はこの花、小向日葵だとず~っと思っていました。ところがです、調べてみると、小向日葵の開花時期はまだ少しあと、それでたどり着いたのが、長い名前の「アラゲハンゴンソウ」?、でも、まだ?なんです。名前は別にして黄色で元気!皆さんも仕事、がんばって下さいね。

 気が付くと月末、月末処理に追われる一日となります。また明日!

2017年6月28日 (水)

雨の中、オレンジ色が際立ちます。

 この花が咲き始めると、季節はもう夏、夏中、鮮やかなオレンジ色の花を咲かせるノウゼンカズラ、暑~い夏の代表的な花のひとつです。

Dscn2036  今日は雨、鬱陶しさを吹き飛ばしてくれるかのように咲いていました。雫とノウゼンカズラもいいですね、でも、やっぱり晴れ渡った青空の下で咲いているノウゼンカズラが夏、夏の到来を感じさせてくれます。この週末あたりから、天気も回復しそうです。青空とオレンジ色、楽しみです。

 今日から予定が緩やかとなります。少し余裕をもって作業を進めます。まずは、昨日の懇親会で飲み過ぎた二日酔いを治すことから始めます。それではまた明日!

2017年6月27日 (火)

頼られる福祉金融機関として

 昨日、名古屋市内において、東海労働金庫第17回通常総会が開催されました。主な議件は第17期余剰金処分案、第8期中期経営計画および平成29年度事業計画案、財務収支計画、任期満了に伴う役員改選でした。

Dscn2031  写真は3県(愛知・岐阜・三重)労福協を代表して祝辞を述べる吉川理事長です。全体の雰囲気だけご覧ください。第8期中期経営計画では店舗統廃合による生産性向上方針として尾鷲・熊野支店の統廃合の計画があり、尾鷲・熊野を代表し、会員感情や今後の運動について意見が述べられました。最後に頼られる福祉金融機関として運動を強化することを全員で確認し、終了しました。

 今日は暮らしほっとステーションみえの総会、ゆとり協会の定時評議員会が開催予定です。午後からは忙しい1日となりそう、気を引き締めて、また明日!

2017年6月26日 (月)

梅雨空、癒しの花

 梅雨、今週は曇や雨の予報となっており、蒸し暑い日が続きます。そんな中、爽やかさを感じる花が咲き始めました。

Dscn2025  紫君子蘭(アガパンサス)、この花を見ると、梅雨の鬱陶しさを忘れさせてくれる、癒しの花です。南アフリカ原産で花がゆりに似ていることもあり、アフリカンリリーとも呼ばれます。花言葉は「知的な装い」、いいですネ、知的、私の雰囲気とはほど遠い花です。

 さて、6月最後の週となりました。今日は東海労働金庫通常総代会、明日、暮らしほっとステーションみえの総会、ゆとり協会の定時評議員会が予定されています。また明日!

2017年6月23日 (金)

花盛り?そして、あま~い!

 初夏、ヤマボウシ(山法師)が花盛り?となっています。緑の葉をバックに白い花びらが、すごく目立っています。

Dscn2017  どうですか、清らかな白い花?、実はこの白い部分は花びらではなく、大型で白色の総苞片です。花は4つの総苞片中央に小さく集合しています。秋には実を付け、これがまたあま~い!んです。果実酒にぴったり、花?と果実、2度楽しめる優れものです。

 もう週末、明日は事務局の絆をより強固にするため(これまた?です。)、プライベートでの交流会です。日曜日からは本格的な梅雨模様、蒸し暑い日々となりますネ、また来週!

2017年6月22日 (木)

迷惑な嵐

 昨日の午前中は暴風雨でした。夏野菜にとっては本当に迷惑な嵐、トマトの枝は折れ、トウモロコシは倒れるなど、もう散々! 帰宅後、畑での手直しは暗くなるまでの作業となりました。

Dscn2013  写真は銀梅花(ギンバイカ)、枝先に白いかわいい花を咲かせていました。強い芳香があり、ハーブ(マートル)として知られています。

 そうそう、これも昨日、ある労福協を訪問した時、「あれ、午後からは事業推進会議の準備をすると書いてありましたけどねぇ~?」と言われました。ありがたいことです、ちゃんとブログを読んでいただいて、感謝・感謝です。今日は事業推進会議、どこにも出掛けませんからご安心を、また明日!

2017年6月21日 (水)

一転、豪雨

 カラカラ梅雨であったのに、一転して豪雨、おまけに風も強く、まるで台風みたいな天気となりました。作物にとっては恵みの雨と言いたいのですが、降り過ぎは困ります。昨日、工業用水などを管理する関係の方と話しをする機会があり、「正直言って雨が降ってほしいです。」と言っていました。さて、この雨は期待通りとなったのでしょうか?

Dscn2008  インド浜木綿の名で知られるアフリカ浜木綿です。インド浜木綿は花びらの真ん中に濃いピンク色の縦筋があるとか・・・海岸沿いによく植えられていますが、なぜか海から遠い我が家にも植えられています。

 今日は午前中、社労士の先生と打ち合わせ、午後からは明日の事業推進会議の準備を行います。また明日!

2017年6月20日 (火)

厳しい環境ながらも前へ

 住宅建築業界を取り巻く環境は厳しい状況が続いています。景気は回復基調とされながらも、所得改善が見られない現状と将来を見通せないことが、若い人を中心に超低価格を売りにしているローコストメーカーの住宅を選ぶ傾向となっています。この様な情勢を踏まえ、昨日、三重県住宅生協の第53回通常総代会が開催されました。

Dscn2011  2016年度、全国での新設住宅着工戸数は96万戸、三重県では1万戸と前年対比でややプラスとなっていますが、住宅生協としては業績目標を達成することができませんでした。このことを率直に受け止め、連合・労福協・関係団体が更なる連携を強化し、厳しい環境ながらも前へ、運動を拡大することを確認しました。

 今日は夕刻尾鷲市へ、紀北地区労福協の総会に出席します。また明日!

2017年6月19日 (月)

カラカラ梅雨、いつまで?

 梅雨に入ってもあまり雨が降りません。大陸高気圧の影響で梅雨前線は遥か南方の海上にあり、カラカラ天気が続いています。水曜日頃からは雨が降り出すとか?恵みの雨が欲しいですネ。先週、伊勢志摩労福協を訪問しました。近鉄、伊勢市駅から徒歩で会館に向かう途中、清らかな「野ばら」を見つけました。

Dscn2004  線路の法面から垂れ下がった野ばら、純白の綺麗な花を咲かせていました。作品3-3D257、ゲーテの詞・シューベルト作曲の「野ばら」は悲しい恋の物語です。

 さて、今週は?・・・本日、住宅生協の総代会、明日、紀北地区総会、21日中部労福協職員研修会、22日第1回事業推進会議が予定されています。この週末あたりからは鬱陶しい梅雨空となっていることでしょう、また明日!